関東支部

開催予定セミナー

第40回 日本消化器内視鏡学会関東セミナー

ご案内 このたび、第40回日本消化器内視鏡学会関東セミナー会長を拝命致しました筑波大学附属病院日立社会連携教育研究センター消化器内科の谷中昭典でございます。伝統ある本セミナーの当番会長を務めさせていただくことは大変光栄に存じます。セミナー開催にあたり、ご挨拶とご案内を申し上げます。
第40回セミナーは、2020年7月19日(日)につくば国際会議場にて開催致します。今回は特に東京オリンピック直前の時期に当たりますので、混雑が予想される都心を避けて、つくば市内で開催させていただくことになりました。つくば国際会議場は都心から1時間以内でアクセス可能であり、またセミナー会場となる大ホールは1000名の方がゆったりと着席できる広さが確保されています。
さて、平成から令和へと新しい時代に入り、今回のセミナーではメインテーマを「令和新時代の消化器内視鏡学―安全と飛躍を目指してー」といたしました。我が国の消化器内視鏡学は、数多くの先人達のたゆみない努力により、世界最高水準を維持しながら現在も進歩を続けています。しかしながら、最近、医療過誤、医療事故の事例が多数報道され、すべての診療分野において医療安全対策の重要性が叫ばれています。特に消化器内視鏡領域はリスクの高い分野であり、我々には万全な医療安全対策の確立が求められています。一方で、消化器内視鏡を用いた未知の病態の解明、新しい診断・治療法の確立という課題も重要なテーマであり、我々はこの両者を常に認識しながら、本学会の専門医として診療、研究、教育を進めて行く社会的責任があるものと考えております。
以上の観点から、今回のセミナーでは、各領域の最先端の消化器内視鏡診断・治療に関する講演に加えて、医療安全という観点から、以下の8講演を企画しました。
(1)咽喉頭・食道表在癌の内視鏡診断(2)内視鏡による胃がん検診(3)早期胃癌のスペクトラム(H.pylori 現・概・未感染胃癌などを多方面から考える)(4)炎症性腸疾患の内視鏡診断(IBDから感染まで)(5)大腸内視鏡診断と治療(AI診断を含む)(6)EUS/膵疾患に対する内視鏡診断と治療(7)ERCPによる胆道疾患の診断と治療(8)内視鏡診療における医療安全対策
今回のセミナーを通じて、診断・治療・教育・医療安全の各方面において、会員の皆様の日常臨床にお役に立てる情報をお届けすることができれば幸いと存じます。
最後に、本セミナー開催にあたり、ご指導を賜りました学会役員、プログラム委員の諸先生方、また、ご多忙の中、講師、司会をお引き受けいただいた先生方に厚く御礼申し上げます。また協賛いただいた各企業の方々に深謝申し上げます。

※こちらのセミナーは、専門医新規申請・専門医更新の際の必須セミナーに該当いたします。
 指導医更新の際の必須セミナーには該当いたしませんので、ご注意ください。
会 長 谷中 昭典(筑波大学附属病院 日立社会連携教育研究センター)
会 期 2020年7月19日(日)
会 場 つくば国際会議場
茨城県つくば市竹園2-20-3
https://www.epochal.or.jp/access/index.html
029-861-0001
テーマ 令和新時代の消化器内視鏡学―安全と飛躍を目指してー
受付開始日 2020年2月5日(水)正午より
受付可能人数 ◎:余裕あり
託児サービス 託児サービスのご案内、お申込みの受付開始にてついては詳細が決まり次第、ご案内いたします。
過去開催セミナー

本部セミナー

支部セミナー

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル4F
TEL:03-3525-4670 FAX:03-3525-4677
mail:info@jges.or.jp

TOPへ戻る