重点卒後教育セミナー

開催予定セミナー

第42回 重点卒後教育セミナー

ご案内 第42回重点卒後教育セミナーを下記の要領で開催いたします。
席数に限りがございますので、ご参加の際は必ず事前申込みをお願い申し上げます。
2017年5月17日(水)正午よりホームページ上で参加登録をおこないます。
なお、本セミナーは2016年度より指導医更新のための必須科目となっておりますのでご留意ください。
※こちらのセミナーは、指導医新規申請・指導医更新の際の必須セミナーです。
専門医新規申請・専門医更新の際の必須セミナーには該当いたしません。


定員となりましたので受付を締め切りました。
キャンセル待ちの募集は行いません。
会 長 河合 隆 (東京医科大学病院 消化器内視鏡学)
会 期 2017年10月22日(日)10時~16時予定(受付開始9時より)
会 場 東京ビッグサイト レセプションホールA+B
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
TEL:03-5530-1111(代表)
テーマ 上部消化管内視鏡診断・治療のムーブメント -変わりつつある内視鏡診療-

第43回 重点卒後教育セミナー

ご案内 第43回重点卒後教育セミナーによせて

 この度、平成30年2月4日(日)に日本消化器内視鏡学会主催「第43回重点卒後教育セミナー」を開催させて頂きます。本セミナーは、主に専門医および指導医を対象として、日々進歩する消化器内視鏡の技術と知識の向上そして普及を目的とするものです。セミナーのテーマは、上部消化管、下部消化管、胆・膵など領域毎に絞って行われておりますが、今回は、胆・膵領域の内視鏡としてERCPに重点を置き「胆・膵疾患に対するERCP関連手技の最前線」を企画させて頂きました。
 ERCPの最近の動向として治療目的に施行されることが多くなっていますが、膵・胆道癌の早期診断あるいは精密診断に必要となる場合もあります。そこで、診断と治療に分けるのではなく、「胆道」と「膵」の領域に分けて「ERCPの役割」について学んで頂きたいと思います。
 第1部の「胆道疾患」では「胆管癌の術前診断と胆道ドレナージ」、「治療困難胆管結石の対処法」、「胆道鏡の進歩と役割」、第2部の「膵疾患」では「膵癌早期診断におけるENPD細胞診」、「膵管ドレナージを要する病態と治療法-副乳頭アプローチを含めて-」、「ERCP後膵炎の対策-最近の話題-」とし、より専門性の高いテーマについてエキスパートの先生方にご講演を頂きます。また、ランチョンセミナーでは最近の話題の一つである「術後再建腸管に対するERCP関連手技」を予定させて頂きました。ERCPに関する最新のテーマを網羅しましたので、ご参加の先生方にとって実臨床に役立つセミナーになると考えております。
 なお、本セミナーの受講は指導医の申請資格獲得および更新のために必須となっており、専門医・指導医資格更新時には5点加算されます。多数の先生方のご来場をお待ちします。

日本消化器内視鏡学会
第43回重点卒後教育セミナー会長  真口 宏介

※こちらのセミナーは、指導医新規申請・指導医更新の際の必須セミナーです。
専門医新規申請・専門医更新の際の必須セミナーには該当いたしません。


2017年10月25日(水)正午より受付を開始いたします。
(期日になりますと申込みボタンが表示されますので登録フォームより
お申込みください。Eメールでの受付はできません)
会 長 真口 宏介 (手稲渓仁会病院 消化器病センター)
会 期 2018年2月4日(日)
会 場 ベルサール汐留
〒104-0061東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル
TEL:03-6226-0510
テーマ 胆・膵疾患に対するERCP関連手技の最前線
過去開催セミナー
会 期 セミナー名
2017年2月5日(日) 第41回 重点卒後教育セミナー
2016年9月11日(日) 第40回 重点卒後教育セミナー 
2016年2月14日(日) 第39回 重点卒後教育セミナー
2015年9月27日(日) 第38回 重点卒後教育セミナー
2015年2月8日(日) 第37回 重点卒後教育セミナー
2014年10月5日(日) 第36回 重点卒後教育セミナー
2014年2月9日(日) 第35回 重点卒後教育セミナー
2013年9月29日(日) 第34回 重点卒後教育セミナー
2013年2月10日(日) 第33回 重点卒後教育セミナー
2012年9月23日(日) 第32回 重点卒後教育セミナー

本部セミナー

支部セミナー

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル4F
TEL:03-3525-4670 FAX:03-3525-4677
mail:info@jges.or.jp

TOPへ戻る